RSS | ATOM | SEARCH
ようこそ!ボルボの館へ。87年式の744tbに乗っていました。 21万5千キロを超え、ますます愛着がましてきていますが、その年月には勝てず維持管理には素人のレベル限界になってしまい。95年式の945GLEに乗換えてしまいました。
少しでも長くこの車と過ごすためにどうすれば?をテーマにしています。皆さんも一緒に「VOLVO愛」に浸りましょう♪

【注意】こちらで紹介している手法は基本的に自己流な作業です!参考にされる際は自己責任にて、どうぞよろしくお願いします!

 予備部品のおすそ分け
 相談&交流の@掲示板(^^)
 ボルボ体験談話室
 744が中心の旧サイト

.
アッパーホース交換
以前、水温計をつけた際、ホースをFCPからのものと
交換して水温計を装着しました。



この写真、膨れているのがわかりますか?
通常、外径は約43ミリなのに、サーモが開くと
48ミリにまで膨らんできます。

更に、ホースの両端から、LLCが滲んできます。
いくら増し締めしても同じです。
ラジエターの付け根は強く締めることはできません。
樹脂なので、割れちゃいますから。
(744で経験済み)



「ホースがNG」です
今回、急ぎで。トレードデザインさんから取り寄せ。
なんと、翌日に着きました。
今回は、ホースの端面の糸の部分に接着剤を
染み込ませてみました。

ホースバントはスウェーデン製のABA
ホースガレージ.COMさんから取り寄せ。
こちらも翌日着でした(早



完成の写真。
このホースも社外品ですが(IPDと同等?)
ゴムも全然違います。しっかりしてます。
膨らみやすい、アッパーの入り口ですが。
内径45ミリのシリコンホースをカバーにしてみました。
膨らんできても、このホースが締め付けてくれます。



写真にはありませんが。
ラジエターの付け根部分は、ホルツのシール剤を
塗布してからホースを装着しました。
この部分は樹脂のパイプでバンドのネジを
きつく締めることができないので
その対策です。。。

ホースバンドですが締め付けトルクが5Nとあり
ジョイントが金属の部分いついてはそのトルクで
締めてみました。結構しまってしまいびっくりです。


他の車の話題も見る?
ポチッと応援よろしくね(^^)

author:しもやん@95-945, category:エンジン&AT関係, 21:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://volvo945.g-ring.com/trackback/1310045