RSS | ATOM | SEARCH
ようこそ!ボルボの館へ。87年式の744tbに乗っていました。 21万5千キロを超え、ますます愛着がましてきていますが、その年月には勝てず維持管理には素人のレベル限界になってしまい。95年式の945GLEに乗換えてしまいました。
少しでも長くこの車と過ごすためにどうすれば?をテーマにしています。皆さんも一緒に「VOLVO愛」に浸りましょう♪

【注意】こちらで紹介している手法は基本的に自己流な作業です!参考にされる際は自己責任にて、どうぞよろしくお願いします!

 予備部品のおすそ分け
 相談&交流の@掲示板(^^)
 ボルボ体験談話室
 744が中心の旧サイト

.
お漏らしその後・・・


こんな感じに・・・(>_<) 嘘です
予備のラジエーターの方がひどかったんです。

で、車はというと。
シーリングを付けて、強めに締めてますが。
それでお盆に東京往復もしましたが、漏れてません。

ただ、今までの2回、白煙ふいた事を思い出し・・・
長距離走って、到着〜停車した直後
この状況は、走行風が無くなり、一時、水温が上がった状態。

ゆえ、作法を変えてみました。
今までは、エンジン切る前にエアコンオフにしていましたが。
(バッテリー延命が目的)
エアコンオフなら、水温95度以下ならファンが回りません。
ファンは100度で回りだし、95度で切れるようですが
エアコンオンの場合は85度ぐらいでも回っています。

要するに
エアコンを切らずに停車させ、水温が90度切るまで
エアコンを入れてアイドリング。90度切るとエアコンオフ。
ファンの停止を確認してエンジンオフ・・・

この状態なら、冷却系の圧力も下がった状態になり。
漏れたり、破裂する危険はかなり回避されると思います。

ただし、バッテリーの負担。ガソリンがもったいないですね。

そこで、冷却用の強制電動ファンを計画中です(^.^)
今は暑いから・・・施工は秋かな?じゃ出番は来年???
author:しもやん@95-945, category:エンジン&AT関係, 22:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://volvo945.g-ring.com/trackback/1310059