RSS | ATOM | SEARCH
ようこそ!ボルボの館へ。87年式の744tbに乗っていました。 21万5千キロを超え、ますます愛着がましてきていますが、その年月には勝てず維持管理には素人のレベル限界になってしまい。95年式の945GLEに乗換えてしまいました。
少しでも長くこの車と過ごすためにどうすれば?をテーマにしています。皆さんも一緒に「VOLVO愛」に浸りましょう♪

【注意】こちらで紹介している手法は基本的に自己流な作業です!参考にされる際は自己責任にて、どうぞよろしくお願いします!

 予備部品のおすそ分け
 相談&交流の@掲示板(^^)
 ボルボ体験談話室
 744が中心の旧サイト

.
タイミングベルトが大変なことに!
今日はウォーターポンプとテンショナーを交換する予定でした。
どんどんばらして、タイミングカバーを外した時!
ベルトが3ミリほど手前に飛び出していました(>_<)

大急ぎで全部ばらしました・・・

前に飛び出たベルトは少し筋が付いてましたが
使用に支障はなさそうなので、もうしばらく使います。

要因を考えましたが、クランクのギア、プーリーが
奥まで刺さってなかったのか???
確かに、プーリーのキー部分はカカリが浅くで
感触が掴みにくい。

そういえば、最近悩んでたベルトの鳴きも
これが犯人かも???

兎に角、丁寧に?作業してみる(#^.^#)


今度は、外から確認できるようにマーキングで
あわせて押し込んで行きました。


今回はテンショナーも交換。
もしかしたら、これも負荷がかかると調子が出てないのかも。
=というか、かなり「こいつ」な気がしています(>_<)

試運転・・・
10分、アイドリングしてから、確認。
ベルトはずれてませんでした。

また、日を見てベルトをチェックします。
・・・というか、早い目に交換ととかないとね。
またなったら、入院やなぁ(>_<)
author:しもやん@95-945, category:エンジン&AT関係, 22:37
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
ベルトがズレる原因は、テンション不足、テンショナー固定ボルトの締め付け不良(もしくは緩み)によるテンショナーローラの傾き、があげられます。

このテンショナーはマニュアル式で、スプリングはテンショナー固定前の張力を出すための物です。
定期的にテンショナー固定ボルトを緩めて、テンションの掛け直し(調整)が必要です。
Umi, 2011/06/06 9:12 PM









Trackback
url: http://volvo945.g-ring.com/trackback/1310076